スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊独仏大試乗大会~♪(改訂版1)

今日はOKa、K村君と欧州車試乗大会!
MiToに乗りたいね。という小話から膨れあがって
このたび旬な?4台に。
詳しいことは雑誌やWEBで見てもらうことにして、俺の印象を少々。

まずは赤いアルファロメオ・MiTo
20090614193607

内装がチャチだからと食わず嫌いで運転せずにいたアルファロメオ。
今回、初ドライブ。アルファはエンジンがいいんでしょ?音がいいらしい?
などといった先入観をもちつつ御対面。
かわいいとも、かっこいいとも取れるこのデザイン。個性的。ラテンぽい。
いいね。問題は内装だ。あららららららら。質感もまぁまぁいいじゃないの。
フィアット500ん時も思ったけど、やればできるじゃないの。
シートだってなかなかしっかりしている。2ドアゆえに乗り降り大変だが
すべての席においてクリアランスとれているし、長時間でもOKだねたぶん。
1.4ℓターボのエンジンは・・・静かだ。
官能的な音はどこに?置いてきたのかどこかに?ん?期待しすぎたか?

では発進。
出だしも1.4ℓのイメージを凌駕しトルク感もある。
直線のみだがターボを効かせてアクセル踏み込めば、
NA2ℓ位のパフォをしてくれそう。
dモードにしてブーストをかければ瞬間的にそれ以上のパフォも楽しめそうだ。
速い。ターボの力は大きい。1.4、侮れない。
サイズ・重量・ハンドリング・トルク感。これ、いいぞ。
306の代わりのものとして、求めているものに近いかもしれん。
んー。アルファ・見直した。

20090614193605



VWシロッコ 2.0TSI DSG6速
20090614193602

すごいカッコいい。幅広っ。タイヤでかっ。後部のデザイン強烈!
ウエストラインのくびれ具合と、バンパー付近のケツの大きさのすごいことすごいこと。
こんな馬鹿でかい3ドアハッチ、見たこと無い!などと勘違いするほど(まあ実際デカいけど)
迫力のあるデザイン、18インチのホイールに圧倒されちゃうのでした。
実用性というよりは、スペシャリティカー。お洒落に、2人の為に作られたクーペの様な物。
とはいえ、後席もそれなりに乗れるんですよ。シートが薄いですが。
内装は良いです。質感はかなりいい。プラパーツのクリアランスや質感からして、金かかってます。
内装はパサートクラス以上の質感を出していますね。贅沢~。
シートの硬いのは、ドイツ車!って感じですね。正直好みではないです。
サスペンションに至っても好みじゃないなぁ・・・・硬いし・・・・。
スポーツモードにしては、硬すぎてバタつき感があり、使い様がないかも・・・・。
で、走りなんですが、またしてもこやつ、ターボです。TSIでございます。
しかしまー、最近の欧州ターボの流行りってヤツですかね、
味付けがドカーンとくる感じではなくて、
大排気量NAみたいな味付けでオトナっていうか、ジェントルですな。
さらにアクセル踏み込めば、ちゃんとターボらしい仕事も出来なくはないけどね。
2ℓターボエンジンなりの仕事をしてくれます。
ところで・・・・・
一番楽しみにしていた、DSGですが・・・・。
これ、スンゴイ。目からウロコ。シフトアップ・シフトダウンが超滑らか。
MTの機構を使ったセミATがここまで進化したかと思うとオドロキ。
外車に見られるAT車のダルさがこれで一気に軽減!
ポルシェ956のPDKが30年の時を得て今、庶民にも使える時代に!
技術は進化し続けているねぇぇぇぇ。DSG「だけが」欲しいわ・・・・。
と、感動しちゃうのでした。

(2)へ続く。
20090614193559

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

caplis

Author:caplis


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。